インフルエンザ感染を防ぐポイント

インフルエンザの空気感染とワクチン接種での添付文書

インフルエンザという季節性の感染症は、空気感染や飛沫感染など、大変感染しやすい傾向があるものです。そのため、空気感染などを予防する事が重要なポイントとされますが、その中でも予防接種には一定の効果があることが知られています。
しかし、インフルエンザのワクチンを受ける場合には、添付文書の中の注意事項なども把握し、身体に与える影響なども理解した上で、ワクチンを受けることが大切です。
インフルエンザは、流行する時期に空気感染などを伴う事から、予め予防接種などを受けて、それぞれが感染予防を徹底する事が大切です。特に高齢者の場合は、予防接種を受けないで感染した場合よりも、大幅に症状を緩和することができ、重篤な合併症状などを未然に防ぐ事ができる可能性が高まります。それゆえに、抵抗力の低い高齢者にとっては、ワクチン接種は大変有効な予防手段とされるのです。
インフルエンザ予防接種では、添付文書のワクチン反応なども把握しておく事が求められます。予防接種を受けた後には、皮膚が赤みを帯び、部分的にはれてしまうケースも見られます。これらの皮膚の症状は短期間で改善される事が一般的ですが、万が一症状が悪化して熱が出たりした場合には、早急に医療機関を受診する事が必要です。また、添付文書の中には、注意事項として数週間以内の発熱なども記載されています。この場合は、ごく稀に重篤な機能障害なども発症する可能性が示唆されているために、ワクチン接種の後で健康状態に異変が見られた場合には、速やかに医療機関を受診する事が不可欠です。
特に、インフルエンザの予防接種は、高齢者で何らかの持病がある方には注意が必要で、持病の有無と詳細を確認し、予防接種を受ける必要があります。